読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢者の創作石

Philosopher’s Art Stone 創作石をつくっています。

"Pure Imagination"(映画「夢のチョコレート工場」より)歌詞和訳

 

"Pure Imagination"            

 


Hold your breath              さあ 息をとめて


Make a wish                願いをかけて


Count to three               そして3つ数える

 

ーーーーーーー


Come with me, and you'll be         ほらこっちへ あなたはもう


In a world of pure imagination             他ならぬイマジネーションの世界に


Take a look and you'll see           眺めてみて 見えるから


Into your imagination                あなたのイマジネーションが


We'll begin, with a spin
             くるっと回って 始めようか

Traveling in a world of my creation            私に創られた世界を 旅しよう


What we'll see will defy explanation        これから視るものに説明なんていらない


If you want to view paradise           パラダイスを観たいなら


Simply look around and view it
             ただ周りを見渡して観るだけ

Anything you want to, do it
          やりたいことは何でもやるだけ

Want to change the world?           世界を変えたい?


There's nothing to it                 そんなこと何でもないこと


There is no life I know
             純粋なイマジネーションほど

To compare with pure imagination             素敵な人生を私は知らない

Living there, you'll be free           そこに住まえばあなたはもう自由

If you truly wish to be                   それが心から望むことなら


If you want to view paradise         パラダイスを観たいなら


Simply look around and view it              ただ周りを見渡して観るだけ


Anything you want to, do it
            やりたいことは何でもやるだけ

Want to change the world?             世界を変えたい?


There's nothing to it                     そんなこと何でもないこと

 

There is no life I know
             純粋なイマジネーションほど

To compare with pure imagination          素敵な人生を私は知らない

Living there, you'll be free            そこに住まえばあなたはもう自由


If you truly                     それが心から


Wish to be                   望むことならば

 

 

by Leslie Bricusse and Anthony Newley

 

ーーーーーーーーーー

 

最近、家の中で毎日ギターでこの曲が聞こえていて(息子石が歌入りで練習)


今日は頭の中はこれ以外を受け容れる余裕がないので、


あ、そうか。じゃ、書くよ。ということで歌詞を和訳してみた。

 

はっきり言ってすごく苦手な分野。


英と和はそれぞれ別ならまあ許容範囲だけど

訳となるとカンベンしてぇーとなる。


メンドくさいの極地。

 

でもなぜかやろうと思った。
(この『なぜか』があると、結果的にやった方がいいことが多いかも)


そんでもってやり始めると意外と


表現に結構こだわっちゃったりもするんだよなぁ。


だけど直訳は言語間移動すると成り立たないのに
(歌詞の通り時空間移動の方が楽だったりして (;^ο^) )


元の歌詞からあんまり遠すぎても困るしって


オリジナルに気を使う微妙な案配が面倒くさいのかな、翻訳。


自分で書いちゃうほうが気を使わなくっていい分プロセスはずっと楽な感じはある。


じゃあ作詞できんのかっていうとそれはまた別だけど。

 

 

おっとここで曲を創ることにハマってた時期の回想が突然。


どちらかというとアンビエントとか即興実験音楽の部類


だったから曲という感じではなかったけど。


今はとくにやってないや。


また時期がきたらやってみようかな。

 

そういうこと? 謎。

 

 

 

人生に 意味がないなら

 

 

創ってしまえばいい

 

 

f:id:ArtStone:20170509141032p:plain