賢者の創作石

Philosopher’s Art Stone

子どもの手づくりおもちゃ展

 

『子どもの手づくりおもちゃ展』は

どこかで開催しているのではなく、ここが会場です。

 

子どもが幼い頃、自分のオリジナルでなく

子どもの好きなキャラクターを粘土で一緒に作ったり

キャラクターの絵を描いたりして遊んだので

今日はその写真をここに展示してみようかなって思いつきました。

(これって著作権とか大丈夫なのかな? ひっかかるようだったら後で削除します。

 確か共謀罪にも著作権の記述があったような.....)

 

自分のオリジナルは子どもの好みではなかったので、子どもの好きなものを

作ったわけだけど、自分にとっては意外なテイストの作品制作期とも言える。

この時期以外はきっとないだろう。こういうものを作るのは。

 

 

        きかんしゃトーマスとなかまたち>

 

子どもがいちばん初めに大好きになったキャラクターたちでした。

キャンバスにアクリル絵具で描き、子どもが部分的に色を塗っています。

主役のヒーローよりも悪者のキャラクターに親しみをもつことが多かったです。

トーマスより真ん中のディーゼル10がいちばん好きだった)

 

f:id:ArtStone:20170616224247j:plain

 

f:id:ArtStone:20170616224135p:plain

 

f:id:ArtStone:20170616224304j:plain

 

 

 

 

        <ウォレスとグルミット

 

クレイアニメーションウォレスグルミットです。

小麦粘土で作りました。

この影響か、小学4年生になった時

自分なりのクレイアニメーションを作ったりしていました。

 

f:id:ArtStone:20170616220237j:plain

 

 

 

 

      <トイ・ストーリーのウッディ>

 

紙粘土と布で作りました。 着色はアクリル絵具。

 

f:id:ArtStone:20170616234339j:plain

 

 

 

 

小麦粘土、紙粘土、油粘土でいろいろと。 

 

f:id:ArtStone:20170617000230j:plain

 

 

アトムも好きだったので作りました。 アストロボーイって言ってたけど。 

これはあまり似てない。

 

f:id:ArtStone:20170617000246j:plain

 

 

 

f:id:ArtStone:20170617000236j:plain

 

 

 

アンパンマンは作り方を教えながら子ども作です。

 

f:id:ArtStone:20170617000254j:plain

 

 

 

ピンボケ写真のドラえもん 

と背後にきかんしゃトーマスジェームス(半立体)

 

f:id:ArtStone:20170617000221j:plain

 

 

 

       <ポケットモンスター

 

その後、ポケモンに夢中になったので

サトシピカチューを大きな模造紙にアクリル絵具で描きました。

サトシはなぜか英語版はアッシュっていう名前でした。

サトシのプロポーションが紙のサイズの関係で

若干上下に縮んでいます。

この頃ポケモンフィギュアをコレクションしていて

まるでポケモンセンターのようにたくさん並べていました。

それも今はゴミです。

 

f:id:ArtStone:20170617000637j:plain

 

 

 

        <サンタクロース>

 

これはキャラクターではなくて、オリジナルというか

適当に粘土で描きました。

このあと小学3年生までサンタクロースが本当にいると

信じていたのはクラスで一人だけでした。

そろそろ言わなくちゃと言い方をよく考えて伝えたんだけど

かなり傷ついて泣いていました。

 

f:id:ArtStone:20170617000216j:plain

 

 

 

         <布人形>

 

この人形はオリジナルで、布で作りました。

この時4歳くらいでこれで人形は最後です。

この後は(今回は省略しますが)本を作ったりしていました。(しかけ本など)

 

人形の顔が子ども用にしてはちょっとこわいかも。

人形の作り方は全然見当がつかなかったので

首がうまく座っていません。

 

f:id:ArtStone:20170617000648j:plain

 

f:id:ArtStone:20170617014119p:plain

 

これで終わりです。

 

 

 

『子どもの手づくりおもちゃ展』に

お越し下さいましてどうもありがとうございました。

 

どうぞお気をつけてお帰り下さい。